【京東都】和片(ワッペン)桃太郎
【ブランドについて】

ニッポン、京都発、東京経由〜世界行。

「京東都(きょうとうと)」は、ニッポンの伝統 =「京都」とニッポンの今 =「東京」を掛け合わせたブランドネーム。京都の刺繍工房が、新しい文化継承のかたち・刺繍の可能性を考える「京都発、東京経由〜世界行き。」の、刺繍ブランドです。


【商品について】
メインキャラ桃太郎、赤鬼、青鬼の和片3枚セット。
組み合わせ次第で、オリジナルの御伽草子を作ってみても。アイロンで簡単に付けることができるのでハンカチやTシャツ、風呂敷などお好きなところに付けてお楽しみください。


【商品詳細】
サイズ:約5cm×5cm(大)/約1.5cm×1.5cm(小)
素材:刺繍糸:レーヨン100%、シート:ナイロン100%
製造国:日本製



【注意事項】
アイロンで付けられるワッペンです。綿やポリエステルの素材に使用いただけますが、圧着する素材自体が熱に弱い場合はご注意ください。また、アイロン使用時には必ず当て布をしてください。より強度を高めるには、ミシンでの縫い付けをお勧めします。



〜昔々〜

川に洗濯にでかけたおばあさんは、川上から流れてきた桃を家に持ち帰ります。

その桃を食べようと切ると中から元気な男の子が出てきました。おばあさんはその子に桃から生まれた桃太郎と名付けます。

桃太郎はすくすくと育ち、りっぱな青年になりました。ある日、鬼に金品を奪われ、困り果てる村人を見て、桃太郎は鬼退治に行くと言い出しました。

おばあさんとおじいさんは反対しますが、桃太郎の熱意についに折れ、きびだんごを作って送り出しました。

途中、犬・猿・雉に、鬼退治を手伝うかわりにきびだんごを欲しいといわれ、桃太郎は快くきびだんごをあげました。こうして、1人と3匹は鬼ヶ島に行き、村人たちの金品を取り戻したのでした。
型番
KY37-100
定価 540円(税込)
販売価格

540円(税込)

購入数